平凡プラスワン

平凡な毎日にほんの少しの話題をプラスしたい

Razer BlackWidow Lite購入レビュー。はじめてのメカニカルキーボード、美麗な白色にうっとり。

   

Razer BlackWidow Lite Mercury White

見た目でキーボードを選ぶというのも本末転倒な気がする。しかし毎日目の前にあるものだと見た目も気にも気を使いたい。そんなわけで最近白系デバイスを色々と集めていて理想の見た目のキーボードに出会ったので購入してしまった、実際に店舗で触る前に。というわけで今回はスタイリッシュな見た目のゲーミングキーボード「Razer BlackWidow Lite (Mercury White)」のレビューです。

外観

Razer BlackWidow Lite Mercury White

Razer BlackWidow Lite Mercury White 開封

実はRazerの製品を買うのは初めて。もっと言うといわゆるゲーミングキーボードを買うのも初めてだったりする。というのもゲーミングと名の付く物はやたらド派手に光るイメージがあったので敬遠していたのだ。この製品はゲーミングを謳っていてもそのような機能は無く、白色のバックライトのみと非常にシンプル。

Razer BlackWidow Lite Mercury White 中身

USB B-Aケーブル、キーの静音性をアップさせるO-リングとキーキャップを抜く器具が付属。

Razer BlackWidow Lite Mercury White

個人的にど真ん中の見た目。
正直見た目に一目惚れしたので多少性能が悪くてもいいやという勢いで購入した。白色のゲーミングキーボードはそこそこ種類があるがいわゆる中華製品が多く購入するか迷っていた所にこの製品が目に飛び込んできた。

Razer BlackWidow Lite Mercury White 前面

前面

Razer BlackWidow Lite Mercury White 背面

背面

Razer BlackWidow Lite Mercury White 側面

側面

Razer BlackWidow Liteはフローティングタイプのキーボードなのも購入の決め手になった。背面はUSBポートのみとシンプル。

Razer BlackWidow Lite Mercury White ロゴ

自己主張しないRazerのロゴ。良い。

Razer BlackWidow Lite Mercury White キートップ

ずっと眺めていられる美しさ。
かなの刻印は無いが個人的には無い方が見た目が綺麗だと思っているのでプラス。

Razer BlackWidow Lite Mercury White チルトスタンド

キーボード裏のチルトスタンドは1段階のみで微調整はできない。この部分はちょっと残念だ。

見た目の感想

見た目についてはほぼ完璧で自分の理想のキーボードと言える。
一般的なキーボードで言うベゼルの部分も主張が激しくないので良い。シルバー貴重にホワイトのキーキャップの相性も最高。

打鍵音と使用感

メカニカルキーボードなので打鍵感はしっかりしている。静音が売りではあるが、今まで使っていたメンブレン式のキーボードと比べると明らかに打鍵音が大きい。仕組みが違うので当然なんだけど。

Razer BlackWidow Lite Mercury White キーキャップを外す

Razer BlackWidow Lite Mercury White O-リング

付属のO-リングを装着すると静音化できるとの事なので早速使ってみる。このオレンジ色のO-リング、多くの人がレビューしている通り数が足りなかった。あまり使う事のないキーは付けない事にしてなんとかなったが商品としていいのかこれ。

Razer BlackWidow Lite Mercury White O-リング装着

Razer BlackWidow Lite Mercury White O-リング装着

ひとつひとつキーキャップを外して取り付けていく。それほど苦痛な作業というわけでもなく難なく完了。

O-リングありとなしの打鍵音比較

静音リング無し

静音リングあり

すでに多くの打鍵音比較動画が出ているが一応掲載。

リング無しの時は押し下げた時の金属音というか「スコスコ」という感じの音が大きかったが、リングを付けると幾分静かになった気がする。打鍵感はほぼ変わりないように思える。もの凄く効果があると思っていたので「まあこんなものか~」程度の感想。

サイズ感

Razer BlackWidow Lite Mercury White 比較

あまり意味の無い比較だが以前使っていたコンパクトなキーボード「logicool K340」との比較。K340自体がかなりコンパクトなので本体で比較するとそれほど差が無いように見える。が、K340はフルサイズのキーボードといえどファンクションキーやテンキーを無理矢理詰め込んでいる製品のため単純に比較はできない。

Razer BlackWidow Lite Mercury White サイズ比較

奥行きはiPhone7と同じくらい。

良かった所

  • 見た目。とにかくスタイリッシュでスマート、美しい!
  • 打鍵感は好きな感じだった。静音性は、まあこんなもんか、と言った感想。
  • サイズ感

イマイチな所

  • 有線接続のみ対応。
  • ホワイトは若干価格が高め。ブラックとの価格差がよくわからない。
  • チルトスタンドの角度調整がもう1段階あると良かった。

Razer BlackWidow Lite 総評

見た目が気に入った人なら買って眺めているだけでも満足できそう(言い過ぎ)。

実際にFPSで使っているがメンブレンキーボードに比べると操作性は良く思える。キーを押している感覚がきちんとあるのが良い。今回初めてのテンキーレスだったのでテンキーと右下のエンターが無いのに慣れないが時間が解決してくれると思う。

有線なので取り回しに困ることが多少あるので無線モデルが出たら買い直したい。最近出たRazer Pro Typeが無線だったのでBlackWidow Liteの無線モデルも出ると信じている。

おまけ:Razer Pro Glideも買った

Razer Pro Glide マウスパッド

Razer Pro Glide マウスパッド

前述のRazer Pro Typeと同時に発売されたマウスパッド、Razer Pro Glideも購入。主張しすぎないグレーのマウスパッドで見た目も美麗。

この製品はamazonや楽天での取り扱いがなかったので公式ストアから購入した。

Pocket
LINEで送る

 - パソコン関連, レビュー