平凡+1

平凡な毎日にほんの少しの話題をプラスしたい

「ツイセーブ」で過去ログが見られない時の対応策

   

以前の記事で紹介したTwitterの非公開アカウント(鍵垢)でも過去ログを見る事ができるサービス「ツイセーブ」。大変便利なサービスなのですがTwilog等を使ってきた人には違和感を感じる方もいるのではないでしょうか。というのも登録しただけの状態では過去ログを見る事のできる範囲が狭いんですよね。

ここでひと手間加える事でTwilogと同程度には過去ログを取得する事ができるようになります。
設定は以下から。

全ツイート履歴をインポートする事で解決

解決策は非常に簡単なもので、ツイセーブに自分のツイート履歴をインポートすれば良いだけです。ただしこの操作はPCまたは一部のスマートフォンからのみ可能になります。

ツイセーブへのツイート履歴のインポート方法

Twitter側での準備

  1. Twitterにログインした状態でTwitterアカウントの設定にアクセス
  2. 全ツイート履歴をリクエスト」を押す
  3. Twitter側で準備が整うとアカウントのメールアドレスへログファイルのダウンロードリンクを含んだメールが送付されます。
  4. 指示にしたがってツイート履歴のZipファイル(tweets.zip)をダウンロードしておきます。

ツイセーブ側での操作

  1. ツイセーブにログインした状態でツイセーブの設定にアクセス
  2. 全ツイート履歴をインポートする」の項目で先ほどTwitterからダウンロードしておいたZipファイルをアップロード
ツイセーブ インポート済

ツイートのインポートが完了した状態

ツイセーブへのツイート履歴のインポートが完了すると、ツイセーブのプロフィール欄に「全ツイートインポート済み」と表示されます。これで過去のツイートがすべて閲覧できるようになります。

ツイセーブはツイート検索が貧弱…?

過去ログのキーワード検索を試すと古いツイートから検索できないように思えます。比較的新しいものは表示されるんですけどね。この辺りは今後改善されていくのでは、と期待しておきます!

関連記事

まとめ

ツイセーブに古いツイートが表示されていない場合はツイート履歴をインポートすればOK!

Pocket
LINEで送る

 - Twitter, ネット関連