平凡+1

平凡な毎日にほんの少しの話題をプラスしたい

曲のアートワーク(ジャケット画像)が表示されない場合は「Broadway」で追加しよう

   

bw00

アルバムアートワークとはiTunesやiPhoneのプレーヤーで再生した時に出るジャケット写真のようなものです。iTunes Music Store等で購入した曲の場合は最初から表示されているはずですが、自身で購入したCDをインポートした場合、そのままだとアルバムアートワークを表示することができません。

そんな場合でも簡単にアルバムアートワークを設定できるソフトを紹介します。

アルバムアートワーク(CDジャケットの画像)について

iTunesで再生した時に通常表示されている曲のジャケット画像のようなもの。

bw01

例えばこの赤枠で囲った部分、アートワークがある場合はジャケット画像が表示されるのですが、ない場合はこのように♫のマークのみになります。ここになんとか楽してジャケット画像を追加しちゃおうというわけです。

実はiTunesの標準機能にあったりする。

実は特別なソフトを使わなくてもiTunesの標準機能としてアートワークを取得する機能があったりするんです。なんだじゃあそれ使えばいいじゃない…、という事で早速ポチリ……

bw03

iTunesの「アートワークを入手」を使って画像を取得!

アートワークが見つかりませんでした。

マイナーなのか発売直後だからなのか、アートワークが見つからないと言われることがわりと多いです。そんな時に便利なのがこれから紹介する「Broadway」です。

iTunesと同期してアルバムアートワークを入手できる「Broadway」

BroadwayはiTunesと同期してアルバムアートワークや歌詞を検索・登録するアプリです。 適切に自動化されたシステムが効率良くあなたのコレクションの完成をサポートします。

ジャケット画像をインターネット上から検索し簡単に設定する事ができちゃうという優れモノ。なんと歌詞検索にも対応しています。それでは簡単な使い方をご紹介。

bw04

Broadwayを起動した状態でiTunesで目的の曲を再生します。するとiTunesに同期してBroadway上にも再生している曲の情報が表示されます。この状態で「ARTWORK SEARCH」のタブを選択すると画像のようにジャケットの候補がずらずら~~~っと。あまり関係ないものや明らかに間違っているものもあるので適切な画像を探しましょう。自分の仕事はそれだけです(笑

bw05

目的の画像が見つかったら右クリックメニューから楽曲に画像を転送します。アルバム単位でまとめて転送したりもできるので、自分の目的に合ったものを選びましょう。

bw06

画像の転送が終わると右側の「TRANSFER SEQUENCE」に「Complete」と表示されます。早速iTunesの方で再生してみると…

bw07

しっかりとアルバムアートワークが表示されました!これは簡単!

おまけ:iTunesから手動で登録する方法

自分でジャケット画像を用意した場合はiTunesからアートワークに設定する事ができます。

bw08

曲を右クリックして表示されたメニューからプロパティを選択。

bw09

表示されたウインドウの「アートワーク」タブを選択、下の「アートワークを追加」から画像を設定できます。

まとめ

Broadwayを使えばiTunesで取得できないアートワークも簡単に設定できるのでオススメ!

Pocket
LINEで送る

 - iPhone, 便利なもの